Publication

dot International Journal

  1. T. Okumura and D. Mosse', "Virtualizing Network I/O on End-host Operating System: Operating System Support for Network Control and Resource Protection", IEEE Transactions on Computers, Oct 2004, pp.1303-16.

dot International Conferences / Workshops

  1. T. Okumura, T. Kajiyama, and N. Sonehara, "Differential diagnosis listing as relevance feedback - An essential user interface for clinical decision support systems", The 30th IEEE International Symposium on Computer-Based Medical Systems (CBMS 2017), June 2017.

  2. M. Omura, N. Sonehara, and T. Okumura, "Practical approach for disease similarity calculation based on disease phenotype, etiology, and locational clues in disease names", 2016 IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM 2016), December 2016.

  3. T. Mizumoto and T. Okumura, "Agile Development of Disaster Information Systems for the Kumamoto Earthquake: How geeks should respond in deadly disaster situations", IEEE Global Humanitarian Technology Conference (GHTC), Oct 2016.

  4. T. Okumura, D. Menez, and T. Abayawickrama, "Refining disease databases for Clinical Decision Support Systems: Post-processing disease entries after integration of OMIM and Orphanet", 2015 IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM 2015), November 2015, pp. 938-939

  5. M. Ito, S. Nakagawa, K. Mizuguchi and T. Okumura, "Integration of disease entries across OMIM, Orphanet, and a proprietary knowledge base", The 28th International Conference on Industrial, Engineering & Other Applications of Applied Intelligent Systems (IEA/AIE2015), June 2015, pp.120-130.

  6. M. Omura, Y. Tateishi and T. Okumura, "Disease Similarity Calculation on Simplified Disease Knowledge Base for Clinical Decision Support Systems", The 28th International FLAIRS Conference (FLAIRS-28), May 2015, pp. 501-506.

  7. T. Okumura, H. Tanaka, M. Omura, M. Ito, S. Nakagawa, and Y. Tateisi, "Cost decisions in the development of disease knowledge base : A case study", 2014 IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM 2014), November 2014, pp.62-69.

  8. T. Okumura and M. Tagawa, "Hierarchical representation of differential diagnosis lists for clinical decision support systems", Workshop on Interdisciplinary Design of Pervasive Healthcare Applications (IDPHA2014), May 2014, pp.231–234.

  9. T. Okumura, E. Aramaki, and Y. Tateisi, "Expression of laboratory examination results in medical literature", Fourth Workshop on Building and Evaluating Resources for Health and Biomedical Text Processing (BioTxtM 2014), May 2014, pp.9–15.

  10. T. Okumura, Y. Tateisi, and E. Aramaki, "Classification and characterization of clinical finding expressions in medical literature", the IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM2013), Dec 2013, pp. 530-534.

  11. T. Okumura, E. Aramaki, and Y. Tateisi, "Clinical vocabulary and Clinical finding concepts in medical literature", International Joint Conference on Natural Language Processing, Workshop on Natural Language Processing for Medical and Healthcare Fields, Oct 2013., pp. 7–13.

  12. T. Okumura and Y. Tateishi, “Interpretation of laboratory examination results and their minimalist representation”, The 26th IEEE International Symposium on Computer-Based Medical Systems (CBMS 2013), June 2013, pp. 197-202.

  13. Y. Tateisi and T. Okumura, "A Simple Approach to NTCIR-10 MedNLP task", NTCIR-10 (10th NII Testbeds and Community for Information access Research), June 2013.

  14. T. Okumura and Y. Tateishi, “A lightweight approach for extracting disease-symptom relation with MetaMap toward automated generation of disease knowledge base”, 1st International Conference on Health Information Science (HIS 2012), Apr 2012, pp.164–172.

  15. A. Utani, T. Mizumoto, and T. Okumura, “How geeks responded in a catastrophic disaster of a high-tech country : Rapid development of counter-disaster systems for the Great East Japan Earthquake of March 2011”, Special Workshop on the Internet and Disasters, ACM CoNEXT 2011, Dec 2011, pp.9–16.

  16. T. Okumura, K. Taneda, and H. Ogata, “Bridging the gap between consumer eHealth and public health through a diagnostic decision support system”, IARIA, Third International Conference on eHealth, Telemedicine, and Social Medicine (eTELEMED 2011), Feb 2011.

  17. M. Masaki, K. Suzaki, and T. Okumura, "Security considered harmful - A case study of tradeoff between security and usability in medicine", IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2011), Jan 2011, pp.523–524.

  18. T. Murota, A. Kato, and T. Okumura, "Emergency Management for Information Systems in Public Health, A Case Study of the 2009 Pandemic-Flu Response in Japan", IEEE the First Annual Workshop on Pervasive Networks for Emergency Management (PerNEM 2010), Mar 2010, pp.394–399.

  19. T. Okumura, B. Childers, and D. Mosse, “Network I/O Extensibility without administrator privilege”, IARIA Fifth International Conference on Autonomic and Autonomous Systems (ICAS 2009), April 2009, pp.168–173.

  20. T. Okumura, B. Childers, and D. Mosse', "Running a Java VM Inside an Operating System Kernel: a Networking case study", The 2008 ACM SIGPLAN/SIGOPS International Conference on Virtual Execution Environments (VEE 2008), Mar 2008, pp. 161–169.

  21. T. Okumura, A. Amer, and D. Mosse', "Prioritizing Write Acknowledgment inside Network Fileservers", IEEE Globecom 2005, Dec 2005.

  22. T. Okumura and D. Mosse', "Netnice Packet Filter: Bridging the Structural Mismatches in End-host Network Control", IEEE Infocom 2005, Mar 2005, pp. 2091–2101.

  23. T. Okumura and D. Mosse', "A Framework for Semantics-Based Network Management: Semantics aware internetworking with agent-oriented network programmability", in proc of ANTA 2003 (The 2nd International Workshop on Active Network Technologies and Applications), May 2003.

  24. T. Okumura, D. Mosse', M. Minami, and O. Nakamura, "Quality of Service Manager for Load-Balancing Clusters: An End-host Retrofitting Event-Handler approach by netniced", in proc of CCGrid 2003 (The 3rd IEEE/ACM International Symposium on Cluster Computing and the Grid), May 2003, pp. 284–291.

  25. T. Okumura, D. Mosse', M. Minami, and O. Nakamura, "Operating System Support for Network Control: a Virtual Network Interface Approach for End-Host OSs", in Proc of IWQoS 2002 (The Tenth International Workshop on Quality of Service), IEEE Communications Society, May 2002, pp.170–179.

  26. T. Okumura, M. Moir, and D. Mosse', "Netnice: nice is not only for CPUs", in Proc of ICCCN2000 (The 9th International Conference on Computer Communication and Network), IEEE Communications Society, Oct 2000, pp. 388–395.

dot Domestic journals (論文誌)

  1. 奥村 貴史, 金谷 泰宏, 「健康危機管理と自然言語処理」, 自然言語処理, Vol.20, No.3, 2013年6月, pp.513–524.

  2. 奥村 貴史, 藤井 仁, 竹内 奏吾, 緒方 裕光, 「公衆衛生における情報の標準化とクラウド技術 - 基盤的情報技術としての科学院クラウドの試み」,保健医療科学, Vol.61, No.4, 2012年, pp.338-343.

  3. 谷畑 健生, 奥村 貴史, 水島 洋, 金谷 泰宏, 「健康危機発生時に向けた保健医療情報基盤の構築と活用」, 保健医療科学, Vol.61, No.4, 2012年, pp.344-347.

  4. 奥村 貴史, 「臨床研究における症例登録と診断支援システム- 臨床医と患者の支援を通じた症例登録の自動化に関する試論」, 保健医療科学, Vol.59, No.3, 2010年, pp. 212-217.

  5. 緒方 裕光,奥村 貴史, 「未分類疾患の発見プロセスに関する確率論的考察」, 保健医療科学, Vol.59, No.3, 2010年, pp. 236-240.

  6. 奥村 貴史, 『新型インフルエンザ対策を契機とした国立保健医療科学院における反復型開発による感染症サーベイランスシステムの構築』, 保健医療科学, Vol.58, No.3, 2009年, pp. 260-264.

  7. 奥村 貴史, 「米国公衆衛生大学院におけるヨーロッパ社会医学の影響」, 日本衛生学雑誌, Vol.59, No.1, 2004年1月, pp.5-11.

dot Domestic Journals (学会誌)

  1. 奥村 貴史,「情報処理と公衆衛生」, 情報処理, Vol. 57, No. 7, 2016, pp.648-651.

  2. 伊藤 聖來, 須藤 紀子, 笠岡(坪山)宜代, 岡崎 直観, 鍋島 啓太, 金谷 泰宏, 奥村 貴史, 下浦 佳之,「東日本大震災後に日本栄養士会から派遣された災害支援管理栄養士・栄養士の支援活動に関する分析」,日本栄養士会雑誌, Vol. 58, No.2, 2015, pp.33-42.

  3. 奥村 貴史, 金谷 泰宏, 「災害時における支援活動報告」, 日本栄養士会雑誌, Vol. 55, No.12, 2012, pp.12-13.

  4. 奥村 貴史, 「大規模災害と官学連携プラットフォームによる被災地支援の試み」, 情報処理, Vol. 53, No. 4, 2012.3, pp.356–359.

dot Domestic Conferences / Workshops

  1. 大村 舞, 建石 由佳, 奥村 貴史,「簡易疾患知識ベースを基にした疾患間の類似度計算」, 人工知能学会, 知識ベースシステム研究会, 人工知能学会合同研究会2014, 2014年11月.

  2. 奥村 貴史, 近藤 賢郎「診断支援プラットフォームと感染症サーベイランス」, 人工知能学会, 社会におけるAI研究会, 人工知能学会合同研究会2014, 2014年11月.

  3. 田中宏明, 建石由佳, 奥村貴史,「疾患参考文献の生成に向けた文書分類アルゴリズムの検討」, 第17回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2014), 2014年11月.

  4. 奥村 貴史, 荒牧 英治, 建石 由佳, 疾患知識ベースのcommunity-driven currationと診断支援プラットフォーム, 第30回セマンティックウェブとオントロジー研究会, 2013年8月.

  5. 藤井 仁, 奥村 貴史, 緒方 裕光,「地域保健活動を効率的に行うための保健医療情報基盤の構築」, 第26回公衆衛生情報研究協議会研究会, 2013年1月.

  6. 藤井 仁, 奥村 貴史, 緒方裕光, 「平常時における情報の標準化~健康危機発生時への備えとして」, 公衆衛生情報研究協議会研究会, 2012年1月.

  7. 藤井 仁, 奥村 貴史, 緒方裕光, 「被災地支援に関する情報の標準化」, 第5回保健医療科学研究会, 2011年12月2日.

  8. 野中 真生, 奥村 貴史, 建石 由佳, 谷田 和章, 辻井 潤一, 「疾患プロファイル作成のための症状名抽出」, 言語処理学会第17回年次大会 (NLP2011), 2011年3月.

  9. 奥村 貴史、武村 真治、緒方 裕光、林 謙治, “未分類疾患の情報集約”, 第3回保健医療科学研究会抄録集, 埼玉, 2009年.

  10. 藤田 祥, 奥村 貴史, 江崎 浩, 「拡張可能なネットワーク処理を行うオペレーティングシステムアーキテクチャ」, 情報処理学会全国大会講演論文集, 67巻3号, 2005年3月, pp. 633-634.

  11. 岡崎 知也, 奥村 貴史, 山上 浩志, 廣川 博之, 坂本 尚志, 「旭川医科大学におけるキャンパスLANのIPv6対応化」,遠隔保健医療2002(第6回 遠隔医療研究会), 2002年7月.

  12. 岡崎 知也, 奥村 貴史, 廣川 博之, 坂本 尚志, 「旭川医科大学におけるIPv6を利用した電子シラバスの試み」,遠隔保健医療2002(第6回 遠隔医療研究会), 2002年7月.

dot Technical reports / Research reports

  1. 奥村 貴史, 「健康危機管理における情報の効率的な収集手法に関する研究」, 厚生労働科学研究費補助金感染症発生時の公衆衛生政策の社会的影響の予測及び対策の効果に関する研究, 分担研究報告書, 平成28年3月.

  2. 奥村 貴史, 齋藤 智也, 「新型インフルエンザ発生時における症例情報の効率的な共有に資する情報収集体制の検討, 厚生労働科学研究費補助金 感染症発生時の公衆衛生政策の社会的影響の予測及び対策の効果に関する研究, 分担研究報告書, 平成27年3月.

  3. 山口 浩, 奥村 貴史, 「行政機関によるソーシャルリスクコミュニケーションとその課題に関する研究」, 厚生労働科学研究費補助金 リスクコミュニケーションにおける情報の伝達手法に関する研究 分担研究報告書, 平成27年3月.

  4. 乾 健太郎, 岡崎 直観, 榊 剛史, 奥村 貴史, 「ソーシャルメディアにおける情報発信手法に関する研究」, 厚生労働科学研究費補助金 リスクコミュニケーションにおける情報の伝達手法に関する研究 分担研究報告書, 平成27年3月.

  5. 奥村 貴史, 「疾患知識ベースの効率的な整備手法と利用促進に関する研究」, 科学研究費助成事業 科学研究費助成事業 研究成果報告書, 平成26年5月.

  6. 奥村 貴史、榊 剛史, 「インターネットにおける意見解析手法の妥当性に関する研究」, 厚生労働科学研究費補助金 リスクコミュニケーションにおける情報の伝達手法に関する研究 分担研究報告書, 平成26年3月.

  7. 奥村 貴史, 「ソーシャルメディアを用いた行政広報ガイドラインに関する研究」, 厚生労働科学研究費補助金 リスクコミュニケーションにおける情報の伝達手法に関する研究 分担研究報告書, 平成26年3月.

  8. 藤井 仁, 奥村 貴史, 緒方 裕光, 「震災後のデマ情報への正誤の判断の変化に寄与する要因」, 厚生労働科学研究費補助金 リスクコミュニケーションにおける情報の伝達手法に関する研究 分担研究報告書, 平成26年3月.

  9. 奥村 貴史, 「パンデミック対応に向けた汎用的、効率的な情報基盤の構築と利活用」, 厚生労働科学研究費補助金 自然災害時を含めた感染症サーベイランスの強化・向上に関する研究, 分担研究報告書, 平成26年3月.

  10. 奥村 貴史, 「地域保健活動の効率化に向けた情報基盤の継続的改良に関する研究」,厚生労働科学研究費補助金 地域保健活動の評価に関する研究 分担研究報告書, 平成26年3月.

  11. 藤井 仁, 奥村 貴史, 「インターネットにおける意見解析手法の信頼性に関する研究」, 厚生労働科学研究費補助金 リスクコミュニケーションにおける情報の伝達手法に関する研究 分担研究報告書, 平成25年3月.

  12. 奥村 貴史, 「リスクコミュニケーションにおけるインターネット上の広告効果に関する研究」, 厚生労働科学研究費補助金 リスクコミュニケーションにおける情報の伝達手法に関する研究 分担研究報告書, 平成25年3月.

  13. 藤井 仁, 奥村 貴史, 緒方 裕光, 「震災後のデマ情報の情報源と、その拡散、終息に寄与する要因の分析」, 厚生労働科学研究費補助金 リスクコミュニケーションにおける情報の伝達手法に関する研究 分担研究報告書, 平成25年3月.

  14. 奥村 貴史, 「地域保健活動の効率化に向けた情報基盤の構築に関する研究」, 厚生労働科学研究費補助金 地域保健活動の評価に関する研究 分担研究報告書, 平成25年3月.

  15. 奥村 貴史, 「簡易クラウド技術の感染症サーベイランスへの応用」, 厚生労働科学研究費補助金 国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究, 分担研究報告書, 平成25年3月.

  16. 奥村 貴史, 藤井 仁, 竹内 奏吾, 緒方 裕光, 「健康確保に向けた地域医療情報基盤の構築に関する研究」, 国立保健医療科学院 基盤的研究費 研究報告書, 平成24年3月.

  17. 奥村 貴史, 「緊急時におけるFaxを用いた感染症情報の効率的な収集・共有」, 厚生労働科学研究費補助金 国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 分担研究報告書, 平成24年3月.

  18. 奥村 貴史, 緒方 裕光, 種田 憲一郎, 建石 由佳, 「臨床調査個人票の有効活用及び臨床データベースの構築」, 厚生労働科学研究費補助金 今後の難病対策のあり方に関する研究, 分担研究報告書, 平成24年3月.

  19. 種田 憲一郎, 奥村 貴史, 緒方 裕光, 「診断困難症例の情報収集・集約・分析・提供システムの開発」, 厚生労働科学研究費補助金 今後の難病対策のあり方に関する研究 研究分担報告書, 平成23年3月, pp.87-108.

  20. 奥村 貴史, 「既存の研究成果報告書の効率的なインデックス化」, 厚生労働科学研究費補助金 厚生労働科学研究成果データベースの検索機能強化に関する研究 分担研究報告書, 平成23年3月, pp. 13-20.

  21. 建石 由佳, 奥村 貴史, 医学文献からの疾患情報自動抽出に向けた自然言語処理, 厚生労働科学研究費補助金 厚生労働科学研究成果データベースの検索機能強化に関する研究 分担研究報告書, 平成23年3月, pp. 29-34.

  22. 奥村 貴史, 「シンポジウム概要とインターネット中継」, 厚生労働科学研究費補助金 厚生労働科学研究費補助金の成果の公表のあり方に関する研究事業 研究分担報告書, 平成23年3月, pp. 7-18.

  23. 奥村 貴史, 「ファックスの自動OCR処理を用いた情報収集」, 厚生労働科学研究費補助金 国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 研究協力報告書, 平成23年3月, pp. 95-7.

  24. 金谷 泰宏,緒方 裕光,奥村 貴史, 「臨床調査個人票の有効活用及び臨床データベース構築」, 厚生労働科学研究費補助金 今後の難病対策のあり方に関する研究 分担研究報告書, 平成23年3月, pp.13-22.

  25. 奥村 貴史, 金谷 泰宏, 「新型インフルエンザ対策と情報システム」, 厚生労働科学研究費補助金特別研究, 新型インフルエンザ対策を踏まえた地域における感染症対策に係る人材育成及び医療情報ネットワークの活用について, 平成22年3月.

  26. 奥村 貴史, 緒方 裕光, 「既存の情報・データを用いた情報収集方法の検討」, 厚生労働科学研究費補助金助成研究 未分類疾患の情報集約に関する研究, 平成22年3月.

  27. 緒方 裕光, 奥村 貴史,「未分類疾患の分類方法の検討」, 厚生労働科学研究費補助金助成研究 未分類疾患の情報集約に関する研究, 平成22年3月.

dot Invited Talks

  1. 奥村 貴史, 「診断支援用人工知能の最前線と将来像」, 第53回滋賀県立成人病センター研究所セミナー, 滋賀県立成人病センター研究所, 2017年2月10日

  2. 奥村 貴史, 「医療用AI におけるソーシャルデータと社会イノベーション」, 人間・社会データ構造化ワークショップ, 情報・システム研究機構, 2017年2月8日

  3. 奥村 貴史, 「人材育成の観点から見た健康医療分野の情報化」, 健康医療とIT 勉強会, NPO 法人ブロードバンド・アソシエーション, 2017年1月17日

  4. Takashi okumura, "Bridging Clinical Medicine, Public Health, and Computer Science - Diagnostic AI for Clinical Decision Support and Beyond", invited talk, Department of Computer Science, City University of Hong Kong, 2016年12月19日

  5. 奥村 貴史, 「融合社会のガバナンスと情報の信頼 ~ ネットにおける健康系情報の話題 ~」, INFOPRO2016 第13 回情報プロフェッショナルシンポジウム, 一般社団法人情報科学技術協会, 2016年12月2日

  6. 奥村 貴史, 「情報処理と行政機関」, プログラミング・情報教育研究会, 情報処理学会, 2016年8月1日

  7. 奥村 貴史,「連携から融合へ - イージス艦と抗生物質」, 奈良先端科学技術大学院大学 異分野融合ワークショップ, 2016年7月11日

  8. 奥村 貴史, 「学術認証基盤を用いた診断支援サービスの実現と展望」, 中野区IoT 社会実験と学認活用社会システム・ワークショップ , 情報サービス連携コンソーシアム(ICTSFC), 2016年6月24日

  9. Takashi Okumura, “Clinical decision support platform and disease surveillance", International Workshop for Medical Big Data Platform between Thailand and Japan Program, National Institute of Informatics, May 2015.

  10. 奥村 貴史, 「地域医療の情報化と人材育成」, 第7回国際ワークショップ「社会イノベーションを誘発する情報・システム」(The 7th International Workshop on Information Systems for Social Innovation 2015), 国立情報学研究所, 2015年2月.

  11. 奥村 貴史, 「医療用自然言語処理の実用的課題と戦略的テストベッドとしての診断支援プラットフォーム」, 言語処理学会第19回年次大会 テーマセッション導入講演, 2013年3月.

  12. 奥村 貴史, 「集合知と診断支援プラットフォーム」, 知の構造化センターシンポジウム2013, 東京大学, 2013年1月.

  13. 奥村 貴史, 特別講演「保健医療行政における効率と情報」, 佐賀県 衛生専門技術研修, 2012年2月24日.

  14. 奥村 貴史, 招待講演 「ハッカーと医療」, 第53回プログラミング・シンポジウム プログラム, 情報処理学会, 2012年1月.

  15. 奥村 貴史, 「災害時の保健医療行政・医療における情報」, けいはんな情報通信オープンラボシンポジウム2011, けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会, 2011年12月.

  16. 奥村 貴史, 「災害時における情報通信と危機管理」, 上越地域災害医療研修会, 2011年9月.

  17. 奥村 貴史, 招待講演 「震災支援用情報システムと保健医療行政」, DICOMO2011シンポジウム, 情報処理学会, 2011年7月.

  18. 奥村 貴史, 招待講演 「レセプトオンライン化と情報セキュリティ」, 長崎県歯科医師会, 2009年11月.

  19. 奥村 貴史, 「エンドホストにおける汎用ネットワーク制御機構 Netnice~ 概要と展望」, 第17回 情報処理学会 コンピュータシステム・シンポジウム(ComSys2005), 2005年11月.

dot Dissertation / Thesis

  1. T.Okumura, "Virtualization of network I/O on modern operating systems", Dissertation, University of Pittsburgh, Department of Computer Science, April 2007.

  2. T.Okumura, "Netnice: A Simple Subnetwork Bandwidth Management Scheme", Master's Thesis, University of Pittsburgh, Department of Computer Science, Dec 2000.

  3. T. Okumura, 'Methodological Problematique of Critical Media Studies and the Solution, or an essay on Medical Informatics as a Social Science', Disertation for M.A. in Sociology, Keio University, Japan, Mar 1998.

© 1995-2016 Takashi Okumura all rights reserved.